株式会社エフ・シー

コーティング
Coating

テフロン(フッ素樹脂)とは

テフロン(フッ素)加工の種類

テフロンコーティング(塗料)はその性状により、以下の種類に分類されます。

複数回塗り
下塗り塗料(プライマー)
水性・溶剤性
上塗り塗料(トップコート)
水性・溶剤性・粉体(FEP,PFA)
1回塗り仕上げ
ワンコート塗料
水性・溶剤性

フッ素樹脂(テフロン)の歴史

フッ素とは正式名称はポリテトラフルオロエチレン(Poly Tetra Fluoro Etylene)呼ばれ頭文字をとってPTFE"と呼ばれます。
PTFEは1938年に米国デュポン社のプランケット博士が 四フッ化工チレン(TFE)ガスの実験をしているときに偶然発見しました。
実験用の圧力容器に四フッ化工チレンガスを保存しており、圧力容器を使用する際にガスが出てこなかったので、容器を切断して中のガスの状況を調べました。 中を確認してみると、容器の内側に白い粉がで、きていました。これがPTFE(フッ素樹脂)でした。

原材料は蛍石(ほたるいし)というめずらしい石からできています。蛍石は外観が七色のきれいな色で光るのでこのように呼ばれています。
この蛍石に硫酸を反応させるとふっ酸というものができます。 このフッ酸とクロロホルムを反応させた物質を熱分解するとPTFEの原料ができあがります。

フッ素樹指は「熱に強い・ 薬品に強い・ 電気を通さない・ くっつかない ・ 滑りやすい」など強い特性を持つので、過酷な環境や特殊な分野など色々な形で使用されています。
主に工業用としての用途が多いですが、皆様の生活の中でも見かけることができます。代表的なところでは東京ドームなどの様々なドーム状の屋根や、家庭用コーティング製品であるフライパンや炊飯ジャーなどです。

  • Contact Form 連絡先・フォーム
  • フッ素コーティング
  • OEM開発生産
  • 鋼材販売
  • イベント情報
PAGE TOP